サプリ

神経の信号伝達やホルモンの分泌機能などに関連

投稿日:

「健康食品」という言語は、法律により定められたのではなく、健康の良好な維持のために役立つ食品として販売・使用されるもの全てを表し、広義の意味で使用されています。

健康補助食品や栄養ドリンク、サプリメントも健康食品にあたります。サプリはドラッグストアやコンビニでも置いているので親近感があるかもしれません。

鉄は赤血球を形成するミネラルです。                          赤血球の構成成分であるヘモグロビンを作りだし、さらに酸素を体中の細胞に運ぶ担当を受け持っています。

鉄が不十分な状態が続くと、酸素が全身に運ばれなくなるため、顔の血色が悪くなったり、貧血によって脳が酸素不足になりめまいや立ちくらみが起こりやすくなります。鉄の含有量が多い食品としてレバーが定番です。
マグネシウムは骨を作る元となったり、エネルギーを作り出したり、筋肉を使用したり、神経の信号伝達やホルモンの分泌機能などに関連しています。少なくなると、筋肉や心臓の不調、すぐ疲れるようになったり、集中力が低下することにつながります。
ストレスフルな生活やアルコールの取り過ぎはマグネシウム欠乏を招きやすくなります。

赤ワインに多いとされるポリフェノールは話題の成分です。
多くの植物にも含まれている光合成によってできる苦みや色素の成分です。活性酸素を除去する抗酸化作用などがあり、アンチエイジングに効果があるとして話題となっています。他にも注目される効果として、血流の改善や目の健康に役立つアレルギーを抑制する作用が期待されます。
毎日簡単に豊富な食物繊維が摂取できる健康食品に、フルーツグラノーラが手軽で人気となっています。オーツ麦を代表とする穀物などにはちみつやなどを混ぜて焼いたシリアルに、ドライフルーツやナッツなどを混ぜたものです。オーツ麦もドライフルーツも食物繊維を多く含み体に必要な栄養素がたくさん含まれています。

この二つの相乗効果で、大腸の働きを活性化させてくれるのです。

気を付けなければならないのは知らないうちに成分の取り過ぎになる場合です。

というのは、コラーゲンなどの美容成分は多くの健康食品に含まれているので、何種類ものサプリを使用している方は、成分がダブってしまう事も考えられます。プエラリアという抽出部のように強い作用が悪影響を及ぼすこともあり得るので注意しましょう。

健康の補助食品として乳酸菌のサプリメントを毎日飲むという人が多いようです。

そんな方におススメなのは、乳酸菌に加えてオリゴ糖が含まれているサプリメントを試すのも良いという事です。

オリゴ糖を配合することで組み合わせることで体内の乳酸菌が活発化してさらに、体に取り入れた乳酸菌も体に定着しやすくなります。ビタミンDは骨を強固にして 、                          食物のカルシウムが吸収されやすくしたり、骨や歯まで送る役目を果たします。

血液中のカルシウム濃度が低くなった時は、ビタミンDが骨からカルシウムを溶解して血液に放出します。

ビタミンDは食品から摂取できますが、太陽に当たるだけでも生産されます。一部の成分を多く摂りたいときに食料品の場合はその他のいろいろな構成物質がふくまれているので決まった成分だけが極端に多くなるということは普通ありません。しかしながらサプリメントなどは一部の成分や栄養素が小さなカプセルなどに濃縮され詰め込まれているので自然の食品と比べて過剰摂取になる可能性が高くなります。
健康食品は食品だから安心なはずという考えは間違いです。

健康食品には、特定の成分だけを凝縮して高濃度となっているものがあるので、服用される方の年齢が幼い場合は気を付ける必要があります。子供用サプリメントは別ですがやはり6歳以下のお子様は服用しないようにした方がいいでしょう。

-サプリ

Copyright© 発達障害の改善法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.